工業会概要

社名 一般社団法人日本溶接容器工業会
本社所在地

〒105-0011
東京都港区芝公園一丁目7-8  ITビル3F
TEL.03-5733-2550

設立

(1)昭和35年11月17日   日本溶接容器工業会(任意団体)として設立
(2)昭和51年 6月25日   (社)日本溶接容器工業会 設立総会
     同   9月16日付き 通商産業大臣から設立許可
     同   9月20日   法人設立許可(法務局)
     同  10月 1日   登記完了 
(3)平成25年 4月 1日   一般社団法人へ移行登記完了

会員  

(1)正会員(高圧ガス用溶接容器の製造業者     6社
(2)賛助会員    ①バルブ関係企業       3社
           ②容器処理関係企業     22社
           ③バルク関係企業       1社

目的

本会は、安全性の確保を基調とする高圧ガス用溶接容器の品質の確保を通じて、
その生産、流通及び利用消費の改善合理化に資し、もって国民生活におけるエネ
ルギーの安定的な供給と関連産業の健全な発展に寄与することを目的とする。

事業

(1)高圧ガス用溶接容器の安全性に関する調査、研究
(2)高圧ガス用溶接容器の生産、流通、貿易、利用消費に関する調査
(3)高圧ガス用溶接容器の安全性の確保に資する機器の研究、調査
(4)高圧ガス用溶接容器に関する規格、基準の研究、策定、普及
(5)高圧ガス用溶接容器のくず化処理に関する技術上の基準の研究、策定、認証
(6)高圧ガス用溶接容器に係わる行政施策の実施に対する協力
(7)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

役員

会 長    矢端和之    (㈱関東高圧容器製作所  社長)
副会長    野村實也    (中国工業株式会社 社長)
専務理事   川村五作
理事(4名)
監事(2名)

組織